Convex Optimization / Stephen Boyd & Lieven Vandenberghe

タイトルの本を読んでいます.
意味不明なところやわからないところをポストすると思われます. この本は以下で入手できます.

発端は凸計画問題の論文を読むにあたって,知識が足りなさすぎてわけがわからなかったからです. 専門用語が多すぎるのもあって英語の本を探したらこれが無料だったので,読み始めました.
目標は凸計画問題はどんなものかを知ることです. あと,ラグランジュの未定乗数法で解を求めることができますが, 「何をやっているんだろう」という感じが半端ないので,その辺の謎も解きたかったです. 凸性とは何か,何がうれしいのか,絶えない疑問をどんどん解消していきたいです.

最近思ったのですが,「これ,なぜだ?」と思ったとき,賢い人は「ひとまず置いておき,次に進む」ということができるのだろうけど, 僕みたいに賢くもないのにその疑問が頭から離れない人は「さっさと解消してしまう」のが結局一番早い気がしています.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中