決して踏み込んではいけない,emacs evernote-modeについて

夢のような響きのevernote-modeですが,これは絶対にやろうとしてはだめです. エラーの山です.やめた方がいいです.

僕は3度挫折しています. というわけで4度目の挑戦です.あきらめ悪いな自分. 結論を言いますと成功しました. 以下の手順で行いました.

1 package.elでevernote-modeをインストール

M-x list-packages evernote-mode

でインストールします.おそらく現時点で0.41.

2 evernote-mode.el, enclient.rbを編集

3 setup.rbを走らせる

ruby setup.rb

を走らせます.ちなみにOSXの人はここで悩まされるかもしれません(僕のように).
なにで怒られたか忘れたので,悩んだらコメントをください. たしか,標準搭載のrubyではGDBM?がなくてうまく動かないので,homebrewでインストールしなおした気がします. この辺りもわからなかったらコメントをください.笑

4 デベロッパートークンを使うようにする

基本的にここの言う通りにします.僕は手動で書き換えましたがね.笑

5 waiting for the results で固まったら

6 まとめ

こんな感じでしょうか.OAuthを使うような方向性もあるみたいですね.

途中でいろんなエラーに遭遇しましたが,無事にできました. エラーが出過ぎてちゃんとログをとっていないので,この手順は定かではないです. 全然まとまってなくて記事として成立していないので,ノートパソコンにいれる時また確かめてみます. 最後に最も大事なことを書きます.

動かなかったらemacsを再起動してみて!
これで直ることが結構あるのです… ではまた( ´ゝ`)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中