emacs-jediで任意のvirtualenv環境を補完対象にする

emacs-jediが素晴らしいです.Python用の補完機能で,ヘルプなんかも表示してくれます.しかも高速に!emacs-jediについては以下が詳しいです.

– http://qiita.com/yuu116atlab/items/2a62cb880ac863dcc8ef

この補完機能なんですが,標準で入っていないパッケージはどう補完するのでしょうか?それについては以下に記載がありました.

– http://d.hatena.ne.jp/n-channel/20131220/1387551080

これによると”PYTHONPATH”という環境変数に設定したパス以下を見てくれるとのこと.なのでここをお使いのvirtualenv環境のsite-packagesにすれば動きます.virtualenvwrapperを使っている方は以下のようになるでしょう.

(setenv "PYTHONPATH" "~/.virtualenv/path/to/your/site-packages/")

これで動きます.素晴らしいです!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中